ゼロから始める自己分析

就職活動のための自己分析、やり方や面接への活かし方。

分析STEP2.5 自己分析はどこまでやればいいのか、終わりはあるのか

STEP2で「これ以上理由を説明できないところまで来たら、次へ進め」と書いた。けれど、それでは不安な人もいるだろう。本当に自分は次のSTEPへ行ってもいいのか。まだ考え足りないのではないか?この記事では、「こんな風になったら、STEP2が終わり」という目安を紹介する。 

f:id:seazee_htn:20190121212737j:plain

 

■分析をやりきったサイン

分析を進めると「これ以上理由なんて分からない」っていうところへ行き着きます。それで良いのです。そこまで行き着いておくことが大事。なぜ赤色が好きなの?なぜ音楽聞くのが好きなの?そんなの分かるわけがない。きっとそこまで行き着くと、好きとか嫌いとか、イヤなもんはイヤ、とか、子供みたいな理由になると思います。それが分析STEP2の完成サインであり、それこそが、あなたの軸なのです。こういうことが好き。こういうことが嫌い。自分の軸を把握しておけば、面接で突拍子もない質問が来ても、慌てることはありません。軸に照らし合わせて答えるだけだから。

■分析をやり切った後にしておくとよいこと

STEP2までやりきったら、友達にむちゃぶり質問をしてもらいましょう。1000本ノックみたいな感じ。

◆自分を動物に例えると何ですか?

◆明日からアフリカへ出張と言われたらどうしますか?

などの突拍子もない質問に対して、軸をもとにした答え方のコツをつかんでおけばなお、心配ないでしょう。次のSTEPへ進みましょう。
むちゃぶり質問にうまく答えられなくても、大丈夫。あとで戻ってくればいいだけです。まずは次のSTEP3までひと通りやってみましょう。

www.jiko-bunseki.com

 

photo credit: lsten Looking for the End of the Rainbow via photopin (license)