ゼロから始める自己分析

就職活動のための自己分析、やり方や面接への活かし方。

自分の弱み・短所を自己分析する必要はあるか

自分という人間は長所だけではない。ということは、短所も自己分析しておく必要があるのだろうか。この記事では、短所分析の必要度合いを説明する。

f:id:seazee_htn:20190131210904j:plain

■何のための自己分析か

本ブログ内では何度も書いていますが、何のための自己分析なのか、に立ち戻ってまず考えましょう。そうです、面接で自分がどんな人か伝えるための自己分析ですね。そして、面接で自分の短所を積極的にアピールすることなんて、ありません。何のための自己分析なのかを考えれば、短所の自己分析は、長所の分析よりもずっと優先度が低いことがわかります。

■短所分析しておくと良いことがあるか

しかし、面接ではマイナス面だって聞かれます。
・自分の短所は何ですか?
・今までした大きな失敗は?
・今まで挫折を経験したことはありますか?それはどんな?
とか。だから、短所やマイナス面は一切準備しない、というのも危険です。

・自分にどういう短所があるか
・自分の長所を裏返すとどうなるか
は、認識しておきましょう。特に長所の裏返し。「多くのことにチャレンジしてきました」ってアピールすると、「飽きっぽいんじゃないの?」と聞かれることは、十分あり得ます。その時に慌てないように少しだけ考えておきましょう。

■結局、短所を自己分析する必要はあるのか

長所の分析は、とても大切です。「自分はXXXという長所があるので、御社に入ってYYYという貢献ができます」と主張するための根幹となるからです。
対して、短所の分析は、「突っ込まれた時に慌てないため」程度でしかありません。念のための守りです。私が「短所の分析は必要か?」と聞かれたら、「やっておいたほうがいい」と答えますが、全然やらないのはマズイ、程度の意味です。
過去のつらかったことや失敗したことを全て思い出しておく必要なんてないし、そんな分析をするなら、強みのエピソードをひとつ余分に思い出しておいたほうがずっと効果的です。

短所の分析はほどほどに。

 

とは言え「ほどほどに」ってどれくらいだよ、と心配な人には、こちら↓の記事を用意しておきますね。

www.jiko-bunseki.com

 

photo credit: Ars Electronica Myriad (Tulips) + Mosaic Virus / Anna Ridler (GB) via photopin (license)