ゼロから始める自己分析

就職活動のための自己分析、やり方や面接への活かし方。

分析STEP1 自己分析とは「気づいていない持ち物」を知っておくこと

自己分析って、結局、なんなんだ。
それを分からずに自己分析をしようとしても、目隠しをしたまま進むようなもの。この記事では、自己分析とは何なのか、具体的なイメージを説明する。

f:id:seazee_htn:20190121200750j:plain 

 

■自己分析を一言でいうと

小さい頃、遠足に行く前の晩のことを思い出してみて。持ち物を用意して、並べて、リュッ クサックに自分で詰めましたね。だから、翌日遠足に行って、リュックの中に何が入っているか、何を入れ忘れたか、分かるのです。

じゃ今、あなたという人間をリュックに例えてみましょう。その中には何が入っていますか?それが入っているのはなぜでしょう?これを今すぐに、すべて答えられる人間なんていないでしょうね。だけど面接では、質問を受けたらすぐに、リュックの中をかき回し、見つけて、出さなければならない。なぜ?っていう理由も付けて、おまけに、面接官の目の前にある履歴書とつじつまが合うようにして出さなければならない。

途方もなく難しいように聞こえるかもしれません。やり方がわからないと、特にそうでしょう。でも正しいやり方をすれば、意外に誰でもできることなのです。

ただ、そのためには事前に出来る限り、リュックの中身を確認しておかなくては。そう、遠足前夜の持ち物チェック、それこそが自己分析なのです。

 

まず、分析STEP1。自分が今までして来たこと、自分の性格など、すべて書き出してみましょう。具体的なやり方は、別記事でも紹介しますが、大きな一枚紙に書き出すのが良いでしょう。 

全部書き出せたら、STEP2へ進みましょう。

www.jiko-bunseki.com

photo credit: Frédéric Poirot Introspection via photopin (license)