ゼロから始める自己分析

就職活動のための自己分析、やり方や面接への活かし方。

面接官の気持ちになる練習をしてみよう

面接官の気持ちになって考える、ということができたら、就活はどんなにやりやすいだろう。でもそれが難しい。この記事では、面接官の気持ちになる練習をしてみる。

f:id:seazee_htn:20190226221217j:plain

■面接官の気持ちになる練習

面接官って何をチェックしたいのでしょう?
就活をする学生ならみなが知りたいことでしょうね。そして、 わかるわけがないと諦めていることでもあります。だけど、考え方をちょっと変えれば、実はそんなに難しいことではないのです。ちょっと、やってみましょうか。

 

--考えてみよう Q1---
あなたは、コンビニ激戦区にあるコンビニのオーナーです。バイトをひとり、増やすことになりました。面接して、どんな人を合格にしますか?
------

 

どうでしょう。想像もできない、というほどではないですね?

  • さわやかで はきはきしていて
  • やる気があって
  • 頭がよくて商品の配置を工夫してくれる人がいいな
  • 手書きの看板が得意な人がいい
  • きちんと掃除できる人
  • 経験者がいい
  • この辺りに住んでる人でお客様の意見がわかる人がいい

など、いろいろ思いつくでしょう。

■どんな人が欲しいか考える練習

ではそのままの流れで、もうひとつやってみましょう。

 

--考えてみよう Q2---

Q1をやるときに、何を狙いにして条件を出しましたか?

-----
なんとなく条件を並べてみただけでも、もう一度振り返ってちゃんと見つけてみましょう。あとづけで狙いを作るのはダメです。意識していなかった部分を掘り起こすように振り返るのです。「自分はどんな人がいいと思って条件を出したのかな?」ということ。

  • 感じが良くてお客様がまた来たいと思ってくれる人
  • お客を呼び込む力のある人
  • 現状維持でいいのでトラブルなく安心して任せられる人

などなど、あるでしょう。 そう、これがまさに、おおざっぱな面接官の気持ちです。だいたいこんな人が欲しいと思っている、ということ。社長の気持ちと言っていいかもしれない。ただ、そんなおおざっぱな基準では、面接の役に立たないかもしれませんね。

皆さんに「そんなおおざっぱじゃなく、具体的にどういう人が欲しいのか知りたいんだよ!」と言われそうです。

■具体的にどのようなアピールをすれば?

実は、みなさんの中で既に答えは出ているのです。 Q1の答えが、それです。具体的な、細かい基準。 そう、面接官が何をチェックしているかは、あなたたちでも、想像できるのです。マニュアル本なんかに書いてある基準を丸覚えしたって、実感として分からないでしょう。それよりも、自分たちで想像することができるのですし、当然、自分で想像できるやつの方が強いことは、言うまでもないことです。

想像できるなら、それに合ったアピールをしていかなければ。
欲しい人は1種類だけじゃないですから、自分の強みに合わせて「こういう人も欲しいですよね?」とアピールしていくのです。といっても分かりにくいかもしれませんが・・・例えば、
「絵を書くのが得意です」なんて普通、コンビニのバイト面接では役に立たないと思いがちです。でも「お客様を惹きつけられる手書きの看板が書けます!」って言えば合格でしょ?自分の強みを「相手が欲しいもの」に変換してアピールする


それが、このブログで一番言いたいことです。アピールとは、虚勢を張って自分をよく見せることではないのです。「私はあなたが欲しいと思っている人材ですよ」と的確に伝えることなのです。
先輩たちが口酸っぱくやれという自己分析も、この"的確に伝えるため"なのです。

 

たまには面接官の気分になって、友達を面接してあげるのも良いですね。ぜひやってみましょう。ただの練習じゃなく、「この人、うちの会社に欲しいかな?」と思いながら練習するのです。きっといい経験になると思いますよ。

www.jiko-bunseki.com

photo credit: sjfst17 P1020607 via photopin (license)